【音楽】デヴィッド・ボウイの公式映画プロジェクト作品『Moonage Daydream』 9月16日に世界中の映画館で上映 [湛然★]

注目記事(特選)

今オススメの記事

注目記事①

注目記事②

今人気の記事

 

 

1 :湛然 ★:2022/07/13(水) 05:35:13.13 ID:CAP_USER9.net
デヴィッド・ボウイの公式映画プロジェクト作品『Moonage Daydream』 9月16日に世界中の映画館で上映
2022/07/12 00:55掲載(Last Update:2022/07/12 11:31) amass
https://amass.jp/159099/

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の遺族が公式に許可した初の映画プロジェクト作品である、ボウイの創作、音楽、精神の旅を描いた長編映画『Moonage Daydream』。9月16日に世界中の映画館とIMAXで上映されることが発表されています。現在までのところ、日本での上映についての情報はありません。

【update:2022/07/12 11:31】
サイトDeadlineによると、日本公開は2023年3月予定。

インフォメーションによると「『Moonage Daydream』は没入型の映画体験であり、デヴィッド・ボウイの謎めいたレガシーを明らかにするだけではなく、21世紀に充実した意義深い人生を送るためのガイドとなるオーディオビジュアル空間のオデッセイである」「『Moonage Daydream』はドキュメンタリーではない。史上最も象徴的で世界的なロックスターを題材にした、ジャンルを超えた映画体験だ」という本作は、ボウイの遺族から全面的な支持を受けており、彼の名曲の数々や未公開のコンサート映像も含まれています。また本作はボウイ自身のナレーションによって進行されます。

監督は、カート・コバーンのドキュメンタリー『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』などを手がけたブレット・モーゲン。

制作に5年を費やした『Moonage Daydream』は、デヴィッド・ボウイの人生と才能に光を当てたプロジェクトで、ボウイが音楽や映画だけでなく、ダンス、絵画、彫刻、ビデオやオーディオコラージュ、脚本、演技、ライブ演劇など、さまざまな分野でどのように活動していたのかを紹介するものです。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

davidbowie

23 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 11:34:05.64 ID:Om4Bi4B70.net

>>1
海外サイトだと
日本ではHBO MAX にて来年3月より配信されるとこのと
U-nextではなくHBO MAXと記載されてるから
ワーナーディスカバリーが開始する
正式HBO MAXだと思われる

18 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 08:56:20 ID:cIC5in690.net

>>2
僕は大好き

34 :名無しさん@恐縮です:2022/07/15(金) 07:44:56 ID:Kub/q/0q0.net

>>29
つか、3pする仲だろw

44 :名無しさん@恐縮です:2022/07/15(金) 22:00:13.23 ID:4vUamw9w0.net

まだ亡くなるとは思っていなかった人物No.1

15 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 08:05:48 ID:J7HmrgBJ0.net

日本公開は3月なのか
随分先だな

9 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 07:36:24.24 ID:D9eJxJs50.net

>>8
OUTSIDEのツアー?

12 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 07:56:25 ID:QHw8elAk0.net

息子の映画監督のダンカンジョーンズは関係しないのか

14 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 08:00:16 ID:R/BG0/A90.net

>>12
月に囚われた男、以外に何か撮影してんの?

21 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 10:28:30.15 ID:TqN2v9hy0.net

QUEENと共演させればボヘミアンラプソディで付いた客も拾えそう
役者使って撮影するんじゃなくて全部古い本人映像か?

43 :名無しさん@恐縮です:2022/07/15(金) 21:45:23.34 ID:Vs7EyPd70.net

>>41
www

今度はAshes to Ashesを口ずさめるよう練習しましょうw

4 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 06:46:49.43 ID:PiKJmYx50.net

スターマン

7 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 07:19:29.19 ID:EByHGbEA0.net

フレッシュゴードンの続編はまだか?

28 :名無しさん@恐縮です:2022/07/14(木) 22:59:36.69 ID:fJY3RFrv0.net

別のスレでも論争が起こってたが、Life on Marsの歌詞はなかなか興味深いな
詩としては不出来なシロモノだが、何を歌っているか、謎解きの面白さがある

で、いくつかネット情報を漁ってみたが、どうにもピンとくるものがなかったので、自分流に解釈してみると、この曲は自分の曲を採用しなかったフランク・シナトラをはじめ、当時のショービジネスに対する欲求不満をボウイがぶち撒けたものではなかろうか

16 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 08:38:14 ID:+NhN9WgH0.net

デビッドボウイの映画って異常に多い気がする

37 :名無しさん@恐縮です:2022/07/15(金) 11:43:15.64 ID:lIQ4Mf8b0.net

what in the world あってのlow

17 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 08:38:32 ID:EHn+Nvqo0.net

絶対観に行く

29 :名無しさん@恐縮です:2022/07/14(木) 23:25:07.07 ID:nJsT42wI0.net

ローリングストーンズの悲しみのアンジーという曲は、ミックジャガーがデビットボウイの奥さんアンジーと不倫してたのが見つかって引き離された悲哀を歌った曲と聞いたが、本当なんだろうか?

8 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 07:27:11.93 ID:a7vL8Ya70.net

小5の時強烈なヲタクになって、小6の時になぜか来日したからためてたお年玉全部使って福岡から広島までライブ行ったなぁ
その時すでにじいさんだったけど、昔の曲聴いてわけわからんくらい好きになったんだ

35 :名無しさん@恐縮です:2022/07/15(金) 08:12:23 ID:KxyAisTK0.net

>>29
ありゃキース作で元カノ宛て

13 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 07:58:16 ID:a+49Tmij0.net

ベルヴェットゴールドマインのボウイ許可アリバージョンを見せてくれよ

42 :名無しさん@恐縮です:2022/07/15(金) 21:31:50.03 ID:Vs7EyPd70.net

>>39
WikipediaのLife on Mars解説によると、原曲はフランスの歌だったが、権利を有する音楽事務所からボウイに英語歌詞を作るよう依頼があった。

ボウイは訳詞を書きデモまで作成して、先方に渡したが、内容が曖昧過ぎるとして却下。
その後、曲の権利をポール・アンカが買い取り、自分で訳詞を付けた。それをシナトラが歌ったら世界的大ヒットに。

ボウイはその後、1年ほどこの件で怒りまくった挙句、シナトラのマイ・ウェイに対するパロディとしてLife on Marsを書いたのだそうです。

ボウイはレコードのライナーでも「フランキーに触発された」と書いている。シナトラを捕まえて「フランキー」ってアンタね…w

シナトラと直接やり取りした訳ではなかったが、世界的ビッグヒットを逃した悔恨や鬱憤が渦巻いているような内容なのです。

31 :名無しさん@恐縮です:2022/07/14(木) 23:48:45.84 ID:fJY3RFrv0.net

以上の理解に立つなら、巷間噂される A Day In The Lifeへのアンサーソングとか、オーソン・ウェルズのラジオ放送「宇宙戦争」の影響とかは、ちょっとかけ離れ過ぎてるのではないか

なお曲名と歌詞にあるLife On Marsの意味だが、BBC解説のように脈絡なく挟まれる連想という解釈では、あまりにバカバカしく無意味となる

するとスペース・オディティという2001年宇宙の旅のパクリで話題となり、すでにSpiders From Marsなるバンドを率いたZiggy Stardustを構想していたと思われるボウイの、その後を考えた仕掛けの一部と捉えるべきだろう

33 :名無しさん@恐縮です:2022/07/15(金) 01:46:37.19 ID:Vs7EyPd70.net

>>32
Space Oddityが好きなら、Ashes To Ashesも聴いた方がいいよ
その曲にはMajor Tomが再登場するから、内輪話が聞けて面白い

2 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 06:32:01.46 ID:jAiVhgcq0.net

世界ではしらんけど日本じゃ戦メリで有名になったあとレッツ・ダンスだけの一発屋だよ

30 :名無しさん@恐縮です:2022/07/14(木) 23:31:26.95 ID:fJY3RFrv0.net

まず、第一連から第三連は道化回しの少女の境遇で、さして意味はない

問題はリフレインされる第四連の、ダンスホールで喧嘩する水兵たち、穴居人、違う相手を打ちのめしてる警官…という箇所だ
1949年の「踊る大紐育」はシナトラが主要キャストのミュージカル映画で、同年のアカデミー賞を取った作品だが、ボウイの歌詞は同作の見せ場にかなり類似している

第五連に入ると、名声のためにストライキを打つ労組が出てくる
歌詞ではレノンのWorking Class Heroを匂わせているが、何を隠そうシナトラは俳優労組のメンバーで、共産主義者の看板になっていると非難され、ペンタゴンに呼びつけられるほどのバリバリの活動家だったらしい

そうしたシナトラへの嫌味と、ミッキーマウスをミルクの出るウシ=収益源にしているディズニー、英国の威光など通用しない音楽界への不満など、ショービジネスへの不満、鬱憤をぶち撒けたのがあの歌詞だと思う

3 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 06:43:17.46 ID:Ujea1EG80.net

映画スターダストは酷かった

24 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 12:19:53.29 ID:ci744+sk0.net

俺はマークボランのこういう映画待ってるんだけど…

24 :名無しさん@恐縮です:2022/07/13(水) 12:19:53.29 ID:ci744+sk0.net

俺はマークボランのこういう映画待ってるんだけど…

39 :名無しさん@恐縮です:2022/07/15(金) 19:15:47.57 ID:aR4xsihP0.net

>>28

Sir Paul McCartney が
The Beatles 在籍期に
シナトラに対するアプローチに失敗し
シナトラから礼儀知らずの小僧扱いされ
代わりにSomething @ジョージ・ハリソンの楽曲をシナトラがカバーした実話なら有名だがDavid Bowie の話は
初耳でっせ。

47 :名無しさん@恐縮です:2022/07/15(金) 22:12:12.18 ID:nWm+bqVZ0.net

フランクザッパがエイドリアンブリュー取られてブチ切れた

 

 

注目記事①

注目記事(特選)

注目記事②

今話題の記事

【スポンサーリンク】

 



 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。


アーカイブ