【音楽】カール・パーマー、EL&Pがコストがかかっても複雑なショーを行ったのは、彼らの音楽がそれを求めていたからと語る [湛然★]

注目記事(特選)

今オススメの記事

注目記事①

注目記事②

今人気の記事

 

 

1 :湛然 ★:2021/11/15(月) 06:30:28.91 ID:CAP_USER9.net
カール・パーマー、EL&Pがコストがかかっても複雑なショーを行ったのは、彼らの音楽がそれを求めていたからと語る
2021/11/15 02:29掲載
https://amass.jp/152822/
Carl Palmer

エマーソン、レイク&パーマー(Emerson, Lake And Palmer)などで知られるドラマーのカール・パーマー(Carl Palmer)は、サイトMusicRadarのインタビューの中で、ドラムに目覚めた運命の瞬間を語る。また、EL&Pがコストがかかっても複雑で演劇的なステージショーを行ったのは、彼らの音楽がそれを求めていたから、とも語っています。

カール・パーマーは、10歳か11歳のときに、父親に連れられてジャズ・ドラマーのジーン・クルーパの映画『The Gene Krupa Story』を見に行った時が「運命の瞬間」だったという。

「それが運命の瞬間だった。頭の上で電球が光ったんだ。それまではドラマーはバックグラウンドの人間で、音を聞くことはあっても、見ることはほとんどなく、仕事はただ一つ、拍子を取ることだった。ジーン・クルーパがドラマーを前面に押し出したことで、ドラムがいかにエキサイティングでダイナミックな視覚的楽器であるかがわかるようになったんだ。ギターはいらない。サックスもいらない。突然、ステージ上で最もクールな男がドラマーになったんだ」

「子供の頃は、拍子を取ることよりもドラムソロを演奏することの方が簡単だと思っていた(笑)。拍子を取るために一生懸命練習しなければならなかったんだけど、他のものもすべてそこにあるように思えたんだ。みんなは、ヴァイオリンの名手とかギターの名手とか言うけど、僕はドラマーの名手になりたかったんだよ。ドラムの可能性を世界に示したかったんだ」

パーマーはバーミンガムの音楽一家に育ちました。彼の兄、父、祖父、曾祖母は皆、さまざまな楽器を演奏しており、若き日のパーマーは父親にドラマーになることを説得するのに苦労しなかったという。

13歳になると、毎週ロンドンに行き、バディ・リッチの仲間であるブルース・ゲーラーのレッスンを受け、14歳でプロになり、バーミンガムやウォルバーハンプトンで定期的にライヴを行うようになりました。まだ10代だった彼は、1969年にアーサー・ブラウンに参加し、同年にはアトミック・ルースター、1970年にはEL&Pに参加しました。

「すべてがあっという間だった」とパーマーは言います。「突然、キース(エマーソン)とグレッグ(レイク)と一緒にバンドを結成して、2回目のギグがワイト島フェスティバルで7万人の前で行ったんだ。一夜にして、僕たちは無名の存在からプログレのスーパーグループと呼ばれるようになったんだよ」。

そのワイト島でのライヴは、発売されたばかりのボックスセット『Out Of The World』に収録されているライヴの1つです。パーマーによるとEL&Pのライヴはすべて録音していたという。

「ライヴはすべて録音していたんだけど、当時の技術には限界があった。本当に成功したのはほんの一握りだったんだ。機材の不具合・故障は永遠の課題で、どこからともなく聞こえてくる雑音やハムノイズもあった。ワイト島公演では、僕たちのデスクから録音したんだけど、そこからは大量のノイズが聞こえてきたんだ。ありがたいことに、今ではプラグインやテクノロジーを使って、全体を鑑別し、クリーンアップして、ステレオに少し幅を持たせることができるんだ。これまでの中でも、はるかに最高のサウンドになっているよ」

またEL&Pは、「Karn Evil 9」や「The Enemy God Dances With The Black Spirits」のような曲をライヴで演奏するには、それにふさわしい複雑で演劇的なステージショーが必要だと考えていました。

「確かに、スポットライトやディスコボールをいくつか用意して、安く済ませることもできたんだけど、音楽はそれ以上のものを求めていたんだ。レコードで限界に挑戦しているなら、ライヴではさらに上を目指さなければならない。そうでなければ、人々は家でレコードをかけていたほうがいいわけだからね。お金を払って僕たちを見に来てくれるのはとても光栄なことだと思っていたので、忘れられない夜にしたかったんだ。

64人編成のオーケストラと一緒にツアーに出ると、200人近いチームが必要になる。ミュージシャン、技術者、機材スタッフ、ドライバー、パイロット、シェフ……さらには専属のドクターもいた。

69 :名無しさん@恐縮です:2021/11/16(火) 07:32:02.92 ID:7PKoY5XC0.net

日本人の文章じゃないな

78 :名無しさん@恐縮です:2021/11/16(火) 11:55:16.80 ID:nx5ja3pT0.net

>>74
1枚目をスゲーと思えないのはさすがにおかしいw

タルカスについては同意w

85 :名無しさん@恐縮です:2021/11/16(火) 13:22:07.97 ID:nx5ja3pT0.net

>>83
そこまで行くと狂ってるとしか思えないw

38 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 13:16:29.77 ID:EhZyryJs0.net

60,70年代のROCKのドラマーの憧れのドラマーは必ず、JAZZドラマーの
Gene Krupa, Buddy Rich, Louis Bellsonの名前をよく見かける。
Carl Palmerもその1人だったんだな。
Cozy Powellが影響を受けた人物がSandy Nelsonだったのは意外だった。

25 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 08:47:04.78 ID:frAcD93p0.net

ビルワード「俺はドラマーじゃないパーカッショニストだ」
イアンギラン「ジョンロードはキーボーディストじゃないオルガニストだ」

88 :名無しさん@恐縮です:2021/11/16(火) 13:47:35.07 ID:kJbAtu9v0.net

お前らいったいいくつだよ

21 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 08:15:45.46 ID:/T7PuYMU0.net

AsiaのHeat of the Momentの間奏を初めて聴いた時は素人が叩いてるのかと思った

32 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 12:01:12.32 ID:2Cfsbnl70.net

展覧会の絵で叩くフラムの音が心地良い

40 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 13:49:02.12 ID:FehjMJWe0.net

>>10
ライブでMoog使って博士がビビったってのもマジ?

28 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 09:30:47.73 ID:5SB0Jb0y0.net

展覧会の絵だけの一発屋

20 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 08:06:52.20 ID:J+BIrQzt0.net

キースエマーソンの新宿厚生年金会館に何年か前行ったわ
俺の後ろに変な騒いでいる奴いたが殴ってやろうかとおもた

キースの楽器まじかで見たけどなんか昔の電話交換機みたいでなんだかわからなかった
数年後あの世行くとは思わなんだ
ゲーリーとキースと行っといてよかった

52 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 22:20:04.87 ID:8FQfFxDE0.net

中学生の時にタルカスのLPのゲートスリーブ見ながら
ヘッドホンで爆音で聴いたあの初期衝動は忘れられない

さすがに今となっては古臭いけど・・・でも今でも好きだよ

55 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 23:04:53.42 ID:EhZyryJs0.net

>>51
プログレスレだけじゃなく、他のスレでも最近はそういうの稀にあるからな。
自分が正しいと主張する自分好きが多いのが現実。
なかにはちゃんとした言葉でレスする人もいるけどね。
上目線で言ってくる軍国主義タイプの馬鹿は何を言っても無駄。
マスゴミレベルのキチガイ。シカトが一番だな。

39 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 13:33:56.69 ID:aljN87xq0.net

>>28
1stだけは必ず聴きなさいw

あとは興味を持ったら、でOKw

12 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 07:16:07.08 ID:WH5OJtoI0.net

ライブ中服を脱いでいって最後はすっぽんぽんになって頭がパーマーと言われていた人か

17 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 07:42:31.59 ID:J+BIrQzt0.net

途中でパウエルになったりしていたがこの人は偉大なドラマーだわ
この人亡くなったらチャーリーワッツよりもショックだわ〜っ

74 :名無しさん@恐縮です:2021/11/16(火) 08:46:29.80 ID:HXrz/SBx0.net

頭脳改革は今聴いてもスゲーと思うが
タルカスは今では聴くに堪えない作品だw

68 :名無しさん@恐縮です:2021/11/16(火) 07:15:34.07 ID:uI8nxQG50.net

>>61
2重の意味でのバカ
シカト連呼しながらスルーできねー有言不実行矛盾バカなだけだなく、
そもそもシカトしたところでてめーの音痴とバカは直しようがねーのを自覚出来ねーバカ(爆笑)

65 :名無しさん@恐縮です:2021/11/16(火) 02:00:50.94 ID:PpmZv5qQ0.net

パーマーはビジュアルが良い
ELPの中でも3番目に人気がある

46 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 17:20:28.23 ID:EhZyryJs0.net

>>35
初心者だったら、1st, 2nd, 3rdまでは聴いて欲しいと思う。後の作品は聴きたければ
個人の好みでいい。
俺の場合E.L.&P.は”Pictures At An Exhibition”がラジオの特番でフルで流れたのが
きっかけかな。(1990年の頃の話)
“Take A Pebble”,”Lucky Man”,”Tarkus”もラジオで流れてそれを録音して聴きまくった.
プログレではまったのはE.L.&P, Yes, The Moody Bluesくらいだよ。

23 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 08:23:13.53 ID:jMPy44lR0.net

オーケストラとかほんとダサいと思うよ
ワンパターン過ぎて

96 :名無しさん@恐縮です:2021/11/16(火) 23:02:30.43 ID:nx5ja3pT0.net

>>94
手数が多いことを評価するべきw

ドラムに上手、下手はないw

いかに叩いてるか、だw

26 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 08:50:42.84 ID:frAcD93p0.net

リッチーブラックモア「俺はギタリストより中世のチェリスト、またはオルガニストになりたかった」

31 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 11:34:02.86 ID:x1WwYfEY0.net

elp japan 1972
あたりでツべ検索すると1972の日本でのインタビュー映像やら後楽園球場でのライブやら引っ掛かるけど
なんでもあんな

11 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 07:14:25.96 ID:UfhRtG480.net

ドラムソロの途中で脱ぐ人

71 :名無しさん@恐縮です:2021/11/16(火) 07:40:03.41 ID:fB1TWrFZ0.net

>>26
中世はまだチェロ無かったよ、とツッコんだら怒るかな

22 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 08:19:27.24 ID:J0rAWqiX0.net

この人の音ってとても軽いのは何故?

33 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 12:58:36.12 ID:Cs2iltO30.net

ワールドプロレスリングのテーマの人?

36 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 13:15:07.92 ID:C1tswwve0.net

>>33
あれへ別のPさん

45 :名無しさん@恐縮です:2021/11/15(月) 15:23:15.90 ID:aljN87xq0.net

>>44
ちゃんとそれで演奏してると思ったw

 

 

注目記事①

注目記事(特選)

注目記事②

今話題の記事

【スポンサーリンク】

 



 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。


アーカイブ